きものどころ あくあ屋

紅露(クール)染め2017-05-07

紅露染め
立夏(今年は5月5日)も過ぎ、空気がさわやかです。 水をじゃぶじゃぶ使ってもつらくない季節になったので、シミが出てしまった白いジャケットを、思い切って、紅露で染めてみました。 石垣島で分けていただいた貴重な川平産の紅露です。たっぷり・・・というわけにはいかなかったので、少なめの染液でかなり無理やり染めましたが、淡いピンクベージュというか、オレンジベージュというか、、、いい色になりました。シミも目立たなくなり、満足できる仕上がりです!

着物の虫干し!2017-04-30

遠出の予定もないGW・・・ そして2日続けて晴れる予報だったこの土日。着物の虫干しを決行しました。

箪笥の中を全部出し、着物や羽織、コート、包んでいた畳紙(たとうし)もすべて広げてよく点検し、風を通し、お手入れが必要なものをより分け、変色しそうな怪しい畳紙は新品に取り換えます。箪笥も開放し、風を入れ・・・ あー、そろそろ腰が痛くなってきました。

着物をしまいっぱなしにしていませんか?よく晴れた日の翌日が晴れて乾燥していたら、2~3時間で十分ですので、着物に風を通しましょう。スペースのない方は、箪笥の引き出しを開けているだけでもずいぶん違います。久しぶりに出してみたら、黄色い点々シミがついていた・・・とならないよう、寒晴れ、五月晴れ、秋晴れ、晴れのつく季節には着物のお手入れを!

暦通りの春2017-04-06

いせ辰の千代紙
今年は4月4日が旧暦の清明でした。まさにその通り!南から暖かい風が吹き、先週末の冷たい空気がうそのようです。ほっこりした紬だと少し暑苦しく感じます。

そういえばあくあ屋が小学生のころは、入学式といえば桜の季節でした。いつの間にか、桜は卒業式に咲くようになりましたが、今年は暦通りに花が咲いているように思えます。

久々に、やってしまった・・・2017-04-03

今年の桜はゆっくりですね。あくあ屋の頭の中も、今年の春はひときわゆっくりになっているようです。

着物を脱いで、まずはお風呂、明日の支度と、寝る支度。そして、寝てしまいました・・・ そう、着物をハンガーにかけたまま、すっかり忘れていました。あー、反省。

お店やスクールによっては一晩吊るすように教えているようですが、着物を縫ったことのある人はそんなに長時間吊るしません。着物の重みでつり合いが取れなくなる(歪みが出る)こともありますので、人肌のぬくもりがとれたらハンガーからはおろしてあげたほうがいいでしょう。ただし、箪笥にしまうのは、しっかり湿気を飛ばしてからにしましょうね~

着物はいつ着るの?2017-03-16

桜の帯留
街に花があふれてきました。外を歩くには、寒すぎず、かといって、汗もかかず、とてもよい季節です。

先日、友人から、「着物はいつ着るの?」と尋ねられました。「えっ・・・出かけるとき・・・?」という何とも間が抜けた答えを返したのですが、そういえば、あくあ屋に着付を習いにいらっしゃる方からもよく「着ていくところがない・・・」と聞きます。

着物でも、割烹着をつければ炊事洗濯もできますし、スーパーに買い物も行けます。着物でゴルフにいくことはないでしょうが、コンビニに行くときに着物を着ていることはおかしなことではありません。着物をお持ちの方は、あまり深く考えずに、一度でも多く、着てあげてくださいね。

そういえば、あくあ屋は、腰痛が出た時は、家から一歩も出なくても着物を着て過ごします。コルセット替わりになっているようです(笑)